浅間山行ってきました&人生初の捻挫

昨日、久々に山登りへ行ってきました。浅間山、標高2568m、数十万年前からずっと火山活動が活発な火山です。最近、火山弾で多くの被害者を出した御岳山よりもずっと長期的に活発に活動しています。なぜなら、一昨年くらいまでは噴火警戒レベル「2」で、火口から4キロは立ち入り禁止でした。しかし、百名山のひとつであり、登らずに一生を終えた登山者もいるのではないでしょうか・・・ですから、御岳山のこともあって、今後浅間山の登山が禁止されることなどを危惧してさっさと行ってきたわけです。(実は、先日も噴火警戒レベルの高い火山の焼岳に行ってきたばかりです)しかし、夏の修行のような登山を終えて食欲の秋が来て、すっかり太り、運動不足になり、だるんだるんの体型に。登山前にストレッチを適度にし、ある程度睡眠していたし、こまめに休憩もとっていたのですが・・。だんだん暗くなって、地図を確認し、急がねばと急いだ瞬間、グキイイィ!!と足が音をたてたと同時にすっ転びました。しばらく、痛みで動けなくなりました。左足がズキッと痛み、「あっ、これは"捻挫"ってやつ?」と思いました。地図で見る限り、登山道は30分も歩けば終わるようだったので、痛みがおさまってからゆっくり杖を頼りに歩き、下山しました。今思えば、火山活動が活発になったら私は死んでいたかもしれないし、暗くなっていたら身動きが取れなくなっていたかもしれません。色々反省し、次の登山につなげられたらと思います。 おすすめ 自動車保険比較で安くできるもん