出会い系サイトでセックスフレンドを作る方法と、セフレが出来る男性の特徴

◇出会い系サイト経由でセックスフレンドをつくるには

出会い系サイト経由でセックスフレンドをつくる方法は、ふたつあります。ひとつが、援助交際から入り、最終的に相手に「お金はいらないから」と言わせるような関係に持っていくというもの。もうひとつが、体目的でない出会いから、デートを重ね、徐々に親しくなっていき、最後には、会うたびに愛し合う恋人に近い関係になるというものです。

セックスフレンドを探すついでに、援助交際をしている女性は少なくありません。まずはお金をもらって、相性がよければ、二回目以降はタダでするんですね。現在、多くの男女が、この援助交際を経て、セックスフレンドになっています。セックスフレンドが欲しいと思っている女性らが、最初の段階でお金を求めてくる理由は、大半が「ほかの人もそうだから」というもので、それはほかの女が金をもらっているのに自分は無料でさせるのか、お金をもらうことはできないのかといった、嫉妬や劣等感からくるものです。女性という生き物は、少なくとも男性よりは強く、世間へ適応することを望みます。あの人にできたんだから私にも、などと、無根拠に考えがちなんですね。

これらの女性をセックスフレンドにするには、初めのうちは相手の要望をすべて聞き入れて、さも特別な存在であるかのように扱うことです。もうひとつの方法、ただの友人からセックスフレンドという関係への発展を試みる場合に必要なのは、酒の力を借りるなどして、なんとか初めの一回、すなわちセックスの機会を得ることです。交際の事実なしに一回してしまえば、相手の中に、この人とは体だけの関係だ、という意識が芽生えます。もしその女性がセックス好きであれば、セックスフレンドになることはたやすいでしょう。

◇セックスフレンドができる男性の特徴

セックスフレンドをつくることのできる男性は、総じて、お金に余裕があり、けちけちしていず、女性のわがままにとことん付き合ってやる器の大きさを持ち合わせています。もちろん、外見も大事です。いくら金持ちでも、そのへんのホームレスと相違ない格好をして、悪臭を放っていれば、セックスフレンドなぞできるわけもありません。ですが、いくら顔が良くとも、性器が大きくても、一緒にいるときに「楽しい」と思えるような、セックスの最中に心から気持ちよくなれるような相手でなければ、女性は、長くその関係を続けようとは思いません。

援助交際から入った場合に最悪なのは、初めの一回で「この人は駄目だ」と烙印を押され、きちんとお金を払ったのにも関わらず、二回目のデートが無いということ。それは要するに、お金を払ってくれさえしたのに、それだけでは補えないような欠点が、彼にあったということです。もちろん、年上の女性に対し、自由奔放な性格をアピールし、無邪気な笑顔を見せ、母性をくすぐるのは悪くない手段です。が、まだ充分に母性の発育されていない若い女性を相手取ったときは、そのやり方は逆効果。とにもかくにも、大人の余裕と、包容力が大切になってくるんですね。